アウトサイダーってなくなるんですかね?

去る1月30日群馬県伊勢崎市におきまして、近年、酪農業界に新風を巻き起こし続けている株式会社MMJ様が主催する、「特別講演会および新年会」が盛大に開催され、私も初めて出席させていただきました。北海道から九州まで大変多くの方が出席されていました。

特別講演会では、我が北海道釧路地区にて酪農経営をされている、株式会社福仁畜産の福田貴仁社長から、MMJ出荷に至る経緯をとても楽しく語っていただきました。

福田社長は平成23年4月に釧路市阿寒地区で新規就農された方なのですが、元来曲がったことが嫌いな性格なのか、新規就農者ならではの農協に対する素朴な疑問、「この手数料はなぜ取られているのだろう?」「なぜ、経営者なのに選択肢が限られているのだろう?」などなど・・・誰しもがいつの間にか忘れてしまうような疑問、それを疑問のままにしておかないというのが福田社長だったんですね(^_^;)

MMJへの出荷にメリットを感じ自ら電話をした話、共同出荷の必要性があったが誰にも相手にされなかった話、そしてなんと言っても一昨年から二度にわたり放送された「ガイアの夜明け」の中で、農協組合長を相手に一歩も引かずに自分の思いを伝える姿や、納得のいかない議案に総会で果敢に質問する姿・・・講演の内容は楽しいながらも、若者の真っ直ぐな発言と行動にとても感心することばかりでした。

現在では新牛舎に日本人スタッフと外国人実習生を迎え入れ、経営規模拡大に成功しているそうです。質問タイムは私を含め10人くらいから手が上がり、関心の高さを認識しました。

新年会ではMMJスタッフの皆様や関連する酪農家の皆様と懇親させていただきました。初めてお話しする方も多かったのですが、とても積極的で前向きな方が多いという印象がありました。きっと皆さん明るい展望がはっきりと見えてらっしゃるんですね(^^)4月から新たな加工原料乳補給金制度が始まりますが、50年の常識を覆すような改正とのことでした。そんな改正が実現することも驚きですが、それを後押しした茂木社長の信念や福田社長の信念、そしてそれを支えて来られた方々の信念の強さに驚かされた、心に残る伊勢崎出張でした。

ニッセン産業 原